日々のこと

洗濯槽クリーナーでの洗濯槽のお手入れ

こちらの記事はパナソニック「洗濯槽クリーナー」を利用した洗濯槽洗浄についての覚書です。

自宅の洗濯機はナショナル製のNA-FD8002で、以前はナショナルの「洗濯槽クリーナー」を使っていましたが、商品リニューアルしたようで、今はこちらを年1回使用しています。

以前、「ケンコーコム」で取り寄せた商品が横倒しになっており、液が漏れて説明書が読めなかったことがありましたので、こちらの記事を残しておくことにします。

洗濯槽クリーナー

昔はドラッグストアにある市販のものを使っていましたが、お湯を使うものは面倒だったり、定期的にお手入れしても効果が感じられませんでした。

洗濯機の取扱説明書で専用洗剤があることは知っていましたが、料金が高め(今年は2,050円で購入)なので躊躇していました。

その後インターネットで評判を知り、ここ7年は専用洗剤を使用しています。

洗濯槽クリーナーには使用書がついています。

洗浄中はこちらを貼っておきます。

使用後は中が明るく感じられ、スッキリきれいになります。

糸くずフィルターの所までサッパリして、やはり洗剤は純正に限ると実感しています。

洗濯槽コースのない縦型/ドラム式(1年に1回)

  1. 衣類を入れずに電源を入れ、洗いのみ運転・最高水位・最長時間に設定し、スタートします。
    ※「すすぎ」や「脱水」が点灯していると、途中で排水されるので注意します。
  2. 給水後一時停止し、「洗濯槽クリーナー」を槽内にすべて入れ、ふたを閉めて再スタートします。
  3. 洗い運転終了後、バケツなどで水面から約5cm程度の水を足し、12時間放置します。
  4. 脱水のみ運転に設定し、スタートボタンを押して排水します。
  5. 洗濯槽をすすぐため、標準(おまかせ)コースで最高水位に設定し、スタートします。このとき衣類・洗剤などは入れません。
  6. 途中洗い運転終了時点で一時停止し、バケツなどで水面から約5cmまで水を足します。10分以上放置した後、再スタートします。

槽洗浄コースのある縦型/ドラム式(1年に1回)

  1. 衣類を入れずに電源を入れ、「槽洗浄」コースを選びスタートします。
  2. 給水後、一時停止し、「洗濯槽クリーナー」を槽内にすべて入れ、ふたを閉めて再スタートします。
    ※槽洗浄コースの選び方や所要時間は洗濯機によって異なりますので、洗濯機の取扱説明書をご確認ください。
  3. ブザーが鳴ったら運転終了です。

我が家は縦型用のN-W1を購入していますが、ドラム式用のN-W2もあります。

ABOUT ME
ぱしょ子
パッションフルーツをこよなく愛する「ぱしょ子」です。母と二人暮らしで関東在住です。フリーランスで講師の仕事をしています。ブログのタイトルのように、日々穏やかに暮らせるよう心がけています。 Thank you for visiting my website. Hope you have a wonderful day.