台北

故宮博物院見学と越娘&騒豆花で昼食

台北を訪れるときは、毎回故宮博物院へ行きますが、2015年は中国人観光客でごった返していました。

有名な「翠玉白菜」や「肉形石」は特に大混雑です。

翠玉白菜引用:Wikipediaより

私達は以前見ているので省きましたが、今回これが目的で見に来ている人は長時間待たされそうです。

今後は団体客を避けて夕方以降に行こうと決めました。

国立故宮博物院

館内の土産物店ではランチョンマットと化粧ポーチを購入しました。

このランチョンマットの絵は13世紀の元の時代に書かれた『鵲華秋色図巻(じゃくかしゅうしょくずかん)』です。

国立故宮博物院乾隆帝など歴代皇帝が鑑賞して印を押しています。

この絵以外にも沢山の印が押されている作品が多いというのが、故宮コレクションの大きな特徴の一つだそうです。

故宮博物院では最上階のカフェ「三希堂」で飲茶をいただきながら、落ち着いた雰囲気の中のんびりするのが気に入っていたので、閉店はとてもショックです。

併設のレストラン「故宮晶華」で食事をと考えていましたが、こちらも大混雑です。

故宮晶華引用:Wikipediaより

タクシーで「越娘&騒豆花」へ行きました。

ベトナム料理店「越娘」がカフェ「騒豆花」とコラボしていて、お目当ては豆乳デザート「芒果豆花」です。

マンゴーかき氷

フォーや揚げ春巻もいただきました。

写真入りメニューがあるので注文もしやすいです。

フォー

揚げ春巻はハーフで注文です。

ベトナム春巻き

店内の雰囲気もよく、フォーや揚げ春巻きも美味しくいただきました。

故宮博物院に行くにあたり、事前にこちらを鑑賞しておきました。

翠玉白菜も登場します。

物語自体も面白く、最後まで楽しめました。

監督:汪俊
出演者:田中裕子、 余少群、 周一囲、 張博
収録時間:131分
レンタル開始日:2010-12-24

 

Story
シリーズ累計300万部を超える浅田次郎のベストセラー小説を原作にした歴史ドラマ第1巻。清朝第11代皇帝・光緒帝の治世下。紫禁城では清国の将来をめぐり、西太后を中心とした守旧派と光緒帝を立てる改革派が対立していた。第1話から第3話を収録。 (詳細はこちら
国立故宮博物院
2015年台北6日間旅行記2015年9月に母娘で6日間台湾の台北に行きました。 こちらはその旅行記です。 前回は「圓山大飯店」に宿泊しましたが、今...
圓山大飯店
2011年台北6日間旅行記2011年9月に母娘で6日間台湾の台北に行きました。 こちらはその旅行記です。 前回のフランス・スペイン旅行でJAL...
慈誠宮
台湾旅行で使える北京語会話こちらの記事は台湾旅行で利用する北京語をピックアップした覚書です。 よく使う表現 お手洗いはありますか? 有洗...
【c】【公式】トリップアドバイザー
ABOUT ME
ぱしょ子
パッションフルーツをこよなく愛する「ぱしょ子」です。母と二人暮らしで関東在住です。フリーランスで講師の仕事をしています。ブログのタイトルのように、日々穏やかに暮らせるよう心がけています。 Thank you for visiting my website. Hope you have a wonderful day.