フランス

サン・シュルピス教会とジェラール・ミュロでお惣菜テイクアウト

サン・シュルピス教会は6世紀の大司教、聖シュルピスを祀った教会です。

17世紀に100年をかけ大修理を行いましたが、右塔は未完成のままです。

この時は左側が工事中で、全景を見れず残念です。

サンシュルピス

入って右にドラクロワのフレスコ画『天使と格闘するヤコブ』『悪魔を撃つ大天使ミカエル』の2作品があります。

こちらの『天使と格闘するヤコブ』の主人公ヤコブは、旧約聖書に登場する人物で、母と共に父を騙し長子権を奪ってしまいます。

天使と格闘するヤコブ怒った兄から逃れ、叔父のもとで14年過ごしますが、そろそろ両親の住むカナンの地へ戻ろうと決意します。

兄に贈り物を用意したものの、不安にかられ、家族たちを安全な場所に移動させ、ひとり兄からの使者を待ちますが、ある晩天使の姿をした神に襲われます。

夜明けまで続いた格闘の後、神はヤコブに今後「イスラエル」と名乗るように伝えるのでした。

当時、人は神の顔を見たら生きていられないとされていたのですが、ヤコブは神も認めた存在となったのです。

時間によっては見づらいため、壁画の右手の照明ボタンを観る人が押して、その都度点灯します。

サンシュルピス

この日とは別に日曜10:30から行われるミサに参列しました。

フランス最大規模のパイプオルガンの演奏がミサの前後にあり、非常に素晴らしかったです。

信者ではないので、後ろでひっそりパイプオルガンを聴くだけで退散しましたが、今まで数々のパイプオルガンを聞いてきた中で、こちらの演奏が一番心が震えました。

帰りに近くの「ジェラール・ミュロ」でパンとお惣菜をテイクアウトしました。

ジェラールミュロ

お惣菜、スイーツ、パンと売場は3つに分かれていて、自分の欲しい商品がある売場で注文し、レシートを持って、パン売り場横のレジでお会計です。

パンは支払いと同時に商品も渡してもらえます。

スイーツとお惣菜はそれぞれの売り場にレシートを提示して品物を交換します。

夕方ということもあり、少し店内は混雑していましたが、そのぶんじっくりとショーケースを眺めることができました。

ジェラールミュロ

こちらの「パテ・ド・カンパーニュ(田舎風パテ)」が今回の旅行で食べたパテの中で一番絶品でした。

また訪仏しましたら、サン・シュルピス教会の日曜のミサとセットで訪れたいです。

エッフェル塔
2010年フランス・スペイン31日間旅行記①2010年2月に母娘で31日間フランスとスペインへ行きました。 こちらはその旅行記①です。 しばらく家族の介護で海外...
サグラダファミリア
2010年フランス・スペイン31日間旅行記②2010年2月に母娘で31日間フランスとスペインへ行きました。 こちらはその旅行記②です。 旅行記①はこちらをご覧く...
【c】【公式】トリップアドバイザー
ABOUT ME
ぱしょ子
パッションフルーツをこよなく愛する「ぱしょ子」です。母と二人暮らしで関東在住です。フリーランスで講師の仕事をしています。ブログのタイトルのように、日々穏やかに暮らせるよう心がけています。 Thank you for visiting my website. Hope you have a wonderful day.