スペイン

サグラダ・ファミリアとセルベセリア・カタラナでの昼食

今回のスペイン旅行の目的はサグラダ・ファミリアとコロニアグエル、トレド、そしてプラド美術館です。

コロニアグエル
コロニアグエル観光今回のスペイン旅行の目的の一つ、コロニアグエルへ行きました。 初訪問ですので心躍ります。 カタルーニャ鉄道でエスパーニャ広場...
アウレリオ
トレド観光とカサ・アウレリオで昼食スペインの人々の「魂の都」といわれているトレドは、6世紀以来スペインのカトリック信仰の中心で、かつて100を超える教会や修道院がありまし...
快楽の園
プラド美術館鑑賞マドリードを訪れると必ず2度は訪れるのがプラド美術館です。 プラド美術館は85%が宗教画で、所蔵点数は8,000点を超えます。 ...

サグラダ・ファミリアはスペインの東の端、地中海に臨む港町バルセロナのシンボルです。

初めて訪れたのは1995年で、毎回違った姿を見せてくれます。

サグラダファミリア

いつ見ても圧倒的な存在感です。

建設は1882年にスタートし、最初は初代建築家ビリャールの手で設計が進められたのですが、教会と意見が合わず、翌年からガウディが2代目の建築家として就任します。

ガウディ引用:Wikipediaより

それまでの設計プランを自分のものに作り替え、完璧な教会を目指して建築を開始したそうです。

こちらは生誕のファザードです。

イエス誕生の喜びを表し、受胎告知やエジプトへの逃避など、イエスの幼少年期の出来事が表現されています。

門が朝日に照らされるように設計され、彫像の制作のために生身の人間や死者を石膏で型どり、模型を作ったそうです。

サグラダファミリア

今回もファザードにのぼりたいので8:50頃には到着しました。

2番目で生誕のファザードのエレベーターに乗れました。

支払いはエレベーター内で行うので、お釣りが出ないようにするとスムーズです。

受難のファザードは上り下りともエレベーター、生誕のファザードは下りは階段となります。

サグラダファミリア

上の方は照明がないため、日が落ちてしまうと、手探り状態で階段を降りなければなりません。

サグラダファミリア

曇りの日なども暗いので要注意です。

鐘楼の尖塔部分には白いタイルで神を賛美する言葉「Excelsis(より高く)」「Hosanna(神を賛美する叫びの言葉)」が記されています。

サグラダファミリア

全部で約60個の鐘が取り付けられることになっているそうです。

ガウディは鐘の音を完璧なものにするために音響の研究を行ったほどで、時折聞こえる鐘の響きも素敵でした。

平日でしたので工事の様子を見ることもできました。

サグラダファミリア

完成目標はガウディ没後100周年目の2026年です。

ただ塩害によってコンクリートが腐食しているので、並行して修復作業も行われていることから、2256年前後ともいわれているそうです。

宿泊しているホテル方面を眺めます。

サグラダファミリア

1936年の内乱で未完成部分の設計書が消失してしまいました。

弟子たちが記憶を辿りながら建設をしている様子は、たびたびドキュメンタリー番組でも紹介されています。

楽しみにしていたステンドグラスも見事です。

サグラダファミリア

ステンドグラスも随分はめ込まれてきました。

ステンドグラスからの光が虹のように柱に映し出されて、なんとも幻想的です。

サグラダファミリア
画家のジョアン・ビラ・グラウ氏がすべてのステンドグラスのデザインを任されています。

サグラダファミリア

ガウディが生前「森のようになる」と予言した内部は、その言葉通り樹木のような柱が32本配置されています。

高さ45mの天井は殉教のシンボルであるシュロの葉のモチーフで飾られています。

サグラダファミリア

この年の11月にローマ法王ベネディクト16世が正式に教会と認定する聖別のミサを行うので、急ピッチで工事が進められています。

サグラダファミリア

さすがに10時を過ぎるとエレベーター前にも行列ができています。

サグラダファミリア

こちらは受難のファザードです。

装飾を極力シンプルにすることで、イエスの苦しみと悲嘆を表現しようとしたそうです。

サグラダファミリア

ガウディが事故で亡くなった日、ポケットにはこの受難のファザードの原案が入っていたそうです。

サグラダファミリア

十字架は鉄で制作され、先端には赤く「I」の文字が刻まれています。

これはラテン語のINRI(Iesus Nazarenus Rex Iudaeorum)の頭文字で「ユダヤ人の王ナザレのイエス」と書かれた罪状を表しているそうです。

イエスの足元には「死」を表す頭蓋骨、頭上には「夜」を表す月が配置されています。

サグラダファミリア

「聖顔府」はどこからみても自分の方をみているだまし絵で、掘方はかなりの技術が必要で、一番力が入っていると昔ツアーで参加したときのガイドさんがおっしゃっていました。

サグラダファミリア

時期的に観光客もまだ少なく、のんびり鑑賞することができました。

サグラダファミリア

土産物店を見てから、ゲートをくぐって退場します。

サグラダファミリア

今回は時間があったので、生誕のファザード向かいの公園から全景を撮影しました。

個人旅行客が同じように写真を撮っています。

ベンチもあり、サグラダファミリアを眺めながらのんびりできておすすめです。

サグラダファミリア

完成イメージはこちらの動画(音声付き)がわかりやすいので、ご紹介します。

最終的に「生誕」「受難」「栄光」のファザード(塔)が建ち、12の塔は12使徒をあらわし、4の塔は福音書家をあらわします。

中央にイエスとマリアに捧げる中央塔が2本建てられ、計18本の塔がそびえます

観光後は「Cerveceria Catalana(セルベセリア・カタラナ)」でランチです。

セルベッセリアカタラナ

英語メニューがあります。

スペイン風オムレツやカタクチイワシのフライなど定番料理をいただきました。

セルベッセリア・カタラナ
エッフェル塔
2010年フランス・スペイン31日間旅行記①2010年2月に母娘で31日間フランスとスペインへ行きました。 こちらはその旅行記①です。 しばらく家族の介護で海外...
サグラダファミリア
2010年フランス・スペイン31日間旅行記②2010年2月に母娘で31日間フランスとスペインへ行きました。 こちらはその旅行記②です。 旅行記①はこちらをご覧く...
【c】【公式】トリップアドバイザー
ABOUT ME
ぱしょ子
パッションフルーツをこよなく愛する「ぱしょ子」です。母と二人暮らしで関東在住です。フリーランスで講師の仕事をしています。ブログのタイトルのように、日々穏やかに暮らせるよう心がけています。 Thank you for visiting my website. Hope you have a wonderful day.