国内

小樽倉庫No.1で小樽ビール

夕食は名物「小樽ビール」を飲みたいと、宿泊先の「ホテルノルド小樽」そばのビアホール「小樽倉庫No.1」に行きました。

世界に約1,500人しかいないといわれるブラウエンジニア、ドイツのヨハネス氏の家系で受け継がれた本物のドイツビールがいただけます。

小樽ビールでは水・麦芽・ホップ・酵母の4つの原材料だけで作られているのが特徴だそうです。

店内は広く、中央には現役で稼働している仕込み釜があり、本格的です。

仕込み釜をぐるっと回るようにカウンターがあり、テーブル席もたくさんありました。

ビールと食事を注文します。

下の写真は小樽市のお隣・赤井川村産の豚肉を使ったローストポーク「シュバイネブラーテン(1,280円)」です。

お肉は柔らかかったですが、もう少しメニューと同じようにソースが欲しかったです。

写真を撮るのを忘れて一部切ってしまいましたが、赤井川村産豚肉で作った「自家製ソーセージプレート(880円)」です。

「たこのカルパッチョ(626円)」も他の料理もそうですが、野菜類がしなびています。

「プレッツェル」です。

最もよく飲まれている「ピルスナー」やバイエルン地方の伝統的製法で造られた褐色ビール「ドンケル」、黒ビール「シュヴァルツ」など一通り飲みました。

以前旅行したドイツのミュンヘンでいただいたビールの味を懐かしく思い出します。

ビールは楽しめましたが、食事が総じてファミレス以下の出来栄えで残念でした。

こちらは軽くビールとおつまみを楽しむお店だったようです。

小樽倉庫No.1

営業時間 11:00~23:00
定休 無休
HP https://otarubeer.com/jp/
小樽運河
2019年北海道(小樽・余市・倶知安)6日間旅行記①2019年9月に母娘で6日間北海道(小樽・余市・倶知安)に行きました。 こちらはその旅行記①です。 倶知安に母の古い...
ABOUT ME
ぱしょ子
パッションフルーツをこよなく愛する「ぱしょ子」です。母と二人暮らしで関東在住です。フリーランスで講師の仕事をしています。ブログのタイトルのように、日々穏やかに暮らせるよう心がけています。 Thank you for visiting my website. Hope you have a wonderful day.