書籍

十二国記『白銀の墟 玄の月』第3巻、4巻読了

十二国記『白銀の墟 玄の月』第3巻、4巻発売から1か月以上たちました。

本

現在3巡目です。

こうやって何度も読み直して楽しめるのが『十二国記』の素晴らしいところです。

とは言うものの、今回の作品も前作『丕緒の鳥』同様、大人向けのテイストで、読み進めるのに時間がかかりました。

私には最初の頃の『風の海迷宮の岸』のような軽めのファンタジーのほうが好みです。

それでも、このたび戴国の話に一応の決着がつき、結末を見届けることができて非常に満足です。

今後短編集が発売されるとのことですので、戴王と泰麒のやりとりや琅燦の動機と失踪後の行動、陽子を中心とした他国とのエピソードが読めたら嬉しいです。

私の好きな『十二国記』お気に入りシーン

  1. 泰麒と李斎の再会 黄昏の岸暁の天』
  2. 陽子と楽俊の港での再会 『月の影 影の海』
  3. 鈴と祥瓊に陽子の素性が判明&景麒が麒麟の姿で籠城中の陽子を迎えに来る場面 『風の万里 黎明の空』
  4. 転変できない泰麒を慰める景麒&泰麒が碧霞玄君に「景麒は最初からずっと優しかった」発言 『風の海迷宮の岸』

またこのような心震わせる名場面を書いていただけるよう、小野先生のご健勝をお祈り申し上げます。

本
十二国記『白銀の墟 玄の月』発売によせて待ちに待った十二国記『白銀の墟 玄の月』(小野不由美著)がもうすぐ発売されます。 本当に本当に待ちましたが、元気にこの日を...
本
十二国記『白銀の墟 玄の月』第1巻、2巻感想作品をこうして手にして、「長く待ち続けた物語がやっと動き出すんだなぁ」と小野先生に感謝しかありません。 ほぼ諦めていた十二国記の続...

ここずっと『十二国記』ばかり読んでいるので、そろそろ終わりにして『屍鬼』に取り掛かります。

表紙からして重厚そうで、読み進められるかちょっと心配です。

アニメ版『十二国記』はHuluでも視聴できます。

ABOUT ME
ぱしょ子
パッションフルーツをこよなく愛する「ぱしょ子」です。母と二人暮らしで関東在住です。フリーランスで講師の仕事をしています。ブログのタイトルのように、日々穏やかに暮らせるよう心がけています。 Thank you for visiting my website. Hope you have a wonderful day.