スペイン

7Portes(セッテ・ポルテス)で昼食

今日のランチは「7Portes(セッテ・ポルテス)」でパエリアです。

セッテ・ポルタスは国の指定建築物「シフレのアーチ」の一角にあり、バルセロナで一番古いレストランです。

セッテポルテス

歴代のスペイン王室をはじめピカソ、ガウディも訪れているそうです。

本格的なカタルーニャ料理で、中でもパエリアは種類も多く選ぶのに迷うほどです。

日本語メニューもあります。

前菜はこの店おすすめのアンコウのスープにしました。

スープはとても濃厚で、この日は雨で肌寒かったのでとても暖まりました。

セッテポルテス

パエリアは少し塩辛いという当時の口コミだったので、「シン・サル(塩抜き)」の1人前にしました。

こちらのお店はバレンシア風パエリアとは違い、リゾットタイプです。

見た目ほど濃い味付けではなく、魚介のだしがしっかりとしています。

セッテポルテス

雰囲気もよく、サービスもしっかりしています。

しばらくするとすぐに満席になってしまいました。夜は予約必須です。

パエリア自体はやはりバレンシア風のパエリアを食べ慣れているので、次回は以前行ったバルセロネータでレストランを探したいと思います。

エッフェル塔
2010年フランス・スペイン31日間旅行記①2010年2月に母娘で31日間フランスとスペインへ行きました。 こちらはその旅行記①です。 しばらく家族の介護で海外...
サグラダファミリア
2010年フランス・スペイン31日間旅行記②2010年2月に母娘で31日間フランスとスペインへ行きました。 こちらはその旅行記②です。 旅行記①はこちらをご覧く...
【c】【公式】トリップアドバイザー
ABOUT ME
ぱしょ子
パッションフルーツをこよなく愛する「ぱしょ子」です。母と二人暮らしで関東在住です。フリーランスで講師の仕事をしています。ブログのタイトルのように、日々穏やかに暮らせるよう心がけています。 Thank you for visiting my website. Hope you have a wonderful day.